レポート

第2回 NEW CONFERENCE
女性経営者等の活躍に向けた会議~女性社長が動かす東京の未来~

基調講演2:こんまり流ときめき仕事術〜近藤麻理恵、川原卓巳
ときめく意思決定 ときめくチームづくりが成功の秘訣

独自の片づけ法「こんまりメソッド™」を紹介した著書が世界的大ベストセラーになり、2015年には米『TIME』誌で「世界でもっとも影響力のある100人」に選出された近藤麻理恵氏と、その夫でビジネスパートナーでもある川原卓巳氏のお二人が揃って登壇。ときめきをビジネスに活かす「本邦初公開!」を含む、貴重な講演です。

割れんばかりの拍手で迎えられた近藤麻理恵氏と川原卓巳氏。スピーチは、公私ともにパートナーであるお二人の絶妙な掛け合いで進んで行きました。まず川原氏の提案で「あなたにとってときめく仕事って何?」を全員が隣の席の方と1分間話し合い、一気に和やかな空気が会場に広がります。

5歳で片づけに興味を持ち始めた近藤氏は、15歳で日本中にある片づけの知見を本で調べ、毎日いろんな場所といろんな人の片づけをすることで、大学入学後19歳で「片づけコンサルタント」を仕事に。就職後も副業として続けるうち、「これが、ときめく仕事だ!」と気づき、社会人2年目で独立。その後はみなさんご存知の活躍ぶりで、著書は1100万部を突破する世界的ベストセラーとなり、2019年にはNetflixの番組が大ヒット、夫の川原氏とお子さんとともにアメリカを拠点に、ワールドワイドな躍進を続けています。「でも、独立して最初のセミナーの参加者はたった2人」といい、「急にうまくいく魔法はない、結局は毎日の積み重ね」と歩みを振り返ります。

では、何を毎日積み重ねればいいのか。仕事をする上でも基本となる「こんまりメソッド™」の3つのポイントから披露。「一気に短期に片づける」、「カテゴリーごとに片づける」、「ときめくものを選ぶ」。この「ときめくものを選ぶ」際には、必ず触ってみて、身体感覚で「キュンと上がる」ときめきを感じることが重要といいます。「片づけは自分が幸せになるためにするのです。だから、自分が好きだと思えるもの、大切なもの、持っていて幸せになるものを選ぶことがポイント」。さらに、「家の中にある1万から2万個の所有物からときめくものを選ぶ」ことの繰り返しが、「人間関係でも仕事でも、人生のあらゆる選択肢において、それが自分を幸せにしてくれる道なのかという判断ができるようになっていく」、そのような実例をたくさん見続けてきたと近藤氏。

「私がお伝えしているメソッドは、ただの片づけだけではなく、片づけを通して自分の人生を見つめ直し、全てにおいて納得のいく道を選んで、本当の自分になるための方法です」。

川原氏も、会社の経営も日々の意思決定の上に成り立っているとし、「1万回も2万回も小さな意思決定が、自分が決めたことに自信が持てるようになるのが、こんまりメソッド™の大きな価値」であり、世界のビジネスリーダーたちがこの価値に共感してくれた体験を語ります。

そしていよいよ「本邦初公開」のお話。「さらにときめきの感覚、考え方をどのように仕事領域で使っているか」。それはずばり、「ときめくチームを作ること」と川原氏。“KonMari”ブランドを支える約30名のチームにおいて、「一番大事にしているのは、叶えたい思いが一緒なこと。作りたい未来、作りたい世界観が一致している人で強みが違うのが最も必要な人材です」。さらに、チームのコミュニケーションの取り方、スケジュールの選択の仕方、ときめく環境をつくる安全安心なカルチャー、そして弱みを補うことに時間をつかうのではなく強みを活かす役割分担、という4つの要素での「ときめく環境づくり」についても、話題が展開しました。

最後に、アメリカでのビジネス体験から、「みんなもっと強みで生きていって良い」はず、と川原氏。その強みを見つけるために重要なのは「片づけをすること」と近藤氏。「まずは自分のお家を片づけてください。そして自分のときめきを見つけてください」と、世界を魅了するメソッドとときめく感覚を会場に余すことなく提供して、スピーチを終えました。

開催日時 令和元年11月30日(土)13:00~19:30
会場 品川プリンスホテル プリンスホール
東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル アネックスタワー5階
参加対象 企業・団体の代表者と経営層、個人事業主など(男女不問)

おすすめ記事